Zum Hauptinhalt wechseln

Hinweis: Du bearbeitest eine grundständige Anleitung. Alle Änderungen, die du vornimmst, betreffen auch die Anleitung, die diese beinhaltet.

Englisch
Japanisch
Schritt 2
In the following steps, you will separate the display assembly from the Moto Z3 Play's chassis. The first image shows the back of the display assembly after it has been removed from the phone. The second image shows the front of the phone to reference where the display cable lies.
Display Adhesive Cutting Reference
  • In the following steps, you will separate the display assembly from the Moto Z3 Play's chassis.

  • The first image shows the back of the display assembly after it has been removed from the phone. The second image shows the front of the phone to reference where the display cable lies.

  • If you plan to re-use the display assembly, pay particular attention to the side edges. When slicing through the glue in this area, you must be careful to insert your tool less than ~1.5 mm, or your tool will come in contact with the LCD and damage it.

  • Take special care when cutting near the display cable. If you pry too deep or too forcefully, it is very easy to damage the cable. If you encounter extra resistance around this area, do not try to force the pick forward. Pull it out and reinsert it on the other side of the display cable before you continue cutting.

  • Playing cards are a safer, but much slower, prying tool. The soft paper cards are less likely to damage the LCD, which is good news if you plan to reuse it.

次の手順では、ディスプレイアセンブリをMoto Z3 Playのシャーシから分離します。

最初の画像は、デバイスから取り外したディスプレイアセンブリの裏側です。2番目の画像はディスプレイケーブルが搭載されている位置が確認できます。

ディスプレイアセンブリを再利用する場合は、デバイス横のエッジ部分に注意してください。 この部分を接着剤でスライスするときは、ツールを1.5 mm以上挿入しないでください。ツールがディスプレイパネルに接触して損傷する可能性があります。

ディスプレイケーブル付近を切断する際は特にご注意ください。力を入れすぎたり、深くまで差し込んでしまうと、ケーブルにダメージを与えてしまいやすくなります。このエリアで作業がしにくい抵抗感を感じたら、力ずくで開口ピックを進めないでください。作業を続ける前に、ディスプレイケーブルの反対側に差し込んでください。

トランプの使用は、ディスプレイパネルを損傷する可能性が低いためより安全ですが、はるかに時間がかかります。 トランプのような柔らかい紙のカードは、ディスプレイを再利用したい場合には最適なツールです。

Deine Beiträge sind lizenziert unter der Open-Source Creative Commons Lizenz.